top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

セミナー・イベント

本セミナーは終了いたしました。

―標的型メール訓練サービス シェアNo.1―
サイバー攻撃者側視点から学ぶ標的型攻撃対策セミナー
情報セキュリティにもはや必須な教育対策「標的型メール訓練」とは?

  2015年6月1日、日本年金機構は、サイバー攻撃により約125万件の年金情報が流出したと公表しました。これは標的型メール攻撃によるもので職員PCがマルウェア感染したことにより、情報漏えいが発生したと報道されています。このように依然として止むことのない標的型攻撃。日本年金機構のインシデントのように、今や標的型メールによるマルウェア感染などの被害は後を絶ちません。しかし一方で、実際の脅威を客観的に目の当たりにする機会は少ないかもしれません。

 本セミナーでは、標的型メール攻撃の実演デモンストレーション(マルウェア感染からクライアントPCの情報搾取まで)と当社GSXがご提供する標的型メール訓練サービスをご紹介します。導入実績や延べ90万人への訓練実績、訓練時の教育コンテンツやアンケートのカスタマイズなどをはじめ、報告書のサンプルまで効果が目に見え易いサービス内容を詳細にご紹介します。

プログラム

※タイムスケジュール及び講演内容は、予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

【セッション1】
講演タイトル
標的型メール攻撃実演デモンストレーション
講演者
グローバルセキュリティエキスパート株式会社
事業開発部
時 間 内 容
14:30-15:30

 昨今実際にあった標的型攻撃の事例を紐解きながら、最新のマルウェアや標的型メールがどのような被害を及ぼすのか、影響範囲や侵入経路も含め実演デモを行います。デモ形式は、攻撃側と被害者側の両画面(スクリーン)をご覧頂きながらの実演デモとなります。

【セッション2】
講演タイトル
標的型メール訓練サービスのご紹介
講演者
グローバルセキュリティエキスパート株式会社
事業開発部
時 間 内 容
15:30-16:30

 本セッションでは標的型メール訓練サービスの詳細をご紹介します。基本メニューやオプションメニューを始め、報告書サンプルや他ベンダとの違いなど、お客様から多く寄せられるサービスに関する疑問点などをご紹介します。

【質疑応答】
時 間 内 容
17:10-17:15

質疑応答

基本情報

セミナー名
―標的型メール訓練サービス シェアNo.1―
サイバー攻撃者側視点から学ぶ標的型攻撃対策セミナー
情報セキュリティにもはや必須な教育対策「標的型メール訓練」とは?
日時
2015年6月18日(木) 14時30分~16時30分(受付開始14時00分)
会場
日比谷セントラルビル21F BBSグループ デモルーム
主催
グローバルセキュリティエキスパート株式会社
参加費
参加費:無料
定員:30名 【事前登録制】
※定員となり次第、受付を終了させていただきます。
セミナー案内状
セミナー案内状
情報セキュリティにもはや必須な教育対策「標的型メール訓練」とは?.pdf
お申し込み方法
本セミナーに関する事前登録は、共催のグローバルセキュリティエキスパート株式会社にて承ります。下記お申し込みボタンをクリックいただき、お申し込みください。

セミナー会場へのアクセス

日比谷セントラルビル21F BBSグループ デモルーム

住所:〒105-0003 東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル21F
TEL: 03-3507-1360 FAX: 03-3507-1361
交通機関:
■都営三田線 内幸町駅 A8番出口 徒歩3分
■千代田線 霞ヶ関駅 C3番出口 徒歩5分
■銀座線 虎ノ門駅 9番出口 徒歩5分
■JR・銀座線・都営浅草線 新橋駅 日比谷口 徒歩6分
MAP:日比谷セントラルビル
Pagetop