top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

内部統制構築支援

内部統制構築支援 背景

2008年6月の金融商品取引法の成立により、上場企業は財務報告に係わる内部統制の「評価」と「監査」を実施することが義務付けられました。(内部統制報告制度)
その詳細は、2007年2月に金融庁企業会計審議会より公表された「実施基準」に規定されています。その流れは、下記の図の通りです。

内部統制構築支援 実施基準プロセス

GSXコンサルティングの特色

弊社では、内部統制の全領域、全フェーズに対して構築の支援をします。
<内部統制の領域>
・全社的統制
・決算財務報告プロセス
・業務処理統制(IT業務処理統制含む。)
・IT全般統制

内部統制構築支援

ステップ

効果・メリット

内部統制構築支援を利用していただくことにより、下記のメリットがあります。

■短期間で実施する整備とお客様の負担減少
お客様が単独で整備に取り組む場合、試行錯誤に時間を費やした結果としてワークロードが多くかかったり、期間が延びたりということになります。
弊社では、各種雛型の提供と経験豊富なコンサルタントのリードにより、効率的かつ、手戻りなくプロジェクトを進めます。そのため、整備を短期間で実施することが可能です。

■専門的スキルを持った人員不足の補完
決算財務プロセス統制やIT統制は、特に社内人員が不足している企業が多いのが現実です。内部統制整備では、人材不足から兼務で仕事を担当する場合、実際計画通り進まないことが多々あります。
プロジェクトを成功させるためには、プロジェクト発足時から人員の補充を考えておく必要があります。

支援・実施実績

幅広い業界のお客様にて、支援の実績があります。
■銀行業
■生命保険業
■製造業
■情報サービス業
■サービス業
■不動産業
■流通業
■運輸業

Q&A

構築期間はどのくらいかかりますか。

お客様の体制に依存しますが、おおよそ6~8ヶ月です。

内部統制を構築するため、社内でどのような体制を準備すべきですか。

お客様の事業規模に依存しますが、内部統制構築プロジェクトを設置されるケースが一般的です。プロジェクトには、数名の専任者が必要となります。財務報告に係わる内部統制であるため、経理部門の積極的参画がプロジェクト成功の鍵となります。

部分的な支援は可能ですか。

たとえば、IT全般統制に絞った支援だけでも可能です。

Pagetop