top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

金融庁検査対応サービス

金融庁検査対応サービス 背景

限られた経営資源の中で、質の高い金融サービス提供を実現するとともに、金融庁検査等に求められる態勢を維持する必要があります。また、多くの金融機関では、リスクカテゴリー毎に統括部門を配置・担当し、業務部署が複数のリスク管理対象となっており、指示報告が重複し、適切な報告がされないなど、経営者層の知るべきことが届かないという現象も発生しています。
よって、実践的なリスク管理態勢確保のためには、リスクカテゴリー間に整合性を持たせ、現場の力量を補完し、作業と時間のバランスをとることが課題となります。

金融庁検査等に求められる態勢

金融庁検査対応サービス 金融庁検査等に求められる態勢

以下の出典より、整理。
出典:http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/first.pdf (金融庁HP)
金融検査評定制度(預金等受入金融機関に係る検査評定制度)(金融庁 平成20年10月)

GSXコンサルティングの特色

ステップ

金融評定制度を、業務プロセスに係る一連のリスクマネジメントプロセス(PDCAサイクル)と捉え、お客様の既存のリスク管理態勢を改善します。

効果・メリット

金融庁検査対応サービスを利用していただくことにより、下記のメリットがあります。

検査対応の取り組みを、経営管理や業務管理の改善に活用します。
■ITや情報(個人情報含む)に係るリスク、及びマネジメントの仕組化支援に強みがあります。
・全社(執行部門、内部監査部門の役割)、各業務所管部門の管理フレームワーク整備支援
・リスク評価基準、評価プロセス、内部監査手法の開発支援
・オペレーショナルリスク管理と財務報告に係る内部統制(J-SOX)の統合化支援
■ITガバナンス支援に強みがあります。
・個人情報保護や情報セキュリティに関する態勢構築支援
・財務報告に係るIT全般統制構築、評価支援
・システム監査、情報セキュリティ監査

Q&A

オペレーショナルリスクの定量化は範囲に入りますか。

まずは、リスクの認識共有が主要テーマであると考えており、手法を含めたオペレーショナルリスクの計量化は、本対象範囲としていません。

プロセスの大きさはどの程度となりますか。

金融評定制度では、経営者層と管理者層にリスク管理の担い手を求めています。プロセスの大きさも、その担い手が管理する範囲を基本単位としてとらえます。

自店検査、内部監査の点検項目には影響がありますか。

認識したリスクに対して、コントロールの整備状況を確認します。その結果によって、コントロールの主管部署が必要な修正を実施するため、それに応じた点検項目の見直しが必要となります。

Pagetop