top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得支援

環境マネジメントシステム誕生の背景

世界的な地球環境問題の顕在化に対する危機から、国連環境計画の活動の基に1992年に地球サミット(環境と開発に関する国連会議)の開催することが決議されると共に、ISOに対して環境に関する国際規格の制定が依頼されました。
世界的な環境問題に対しての環境に対する負荷を低減する為の国際規格として1996年にISO14001(環境マネジメントシステム)が発行されました。

環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得支援 環境マネジメントシステム誕生の背景

環境マネジメントシステム(ISO14001) 必要性

世界的な環境問題に対しての意識の高まりと共に、顧客及び取引先から環境に対しての積極的な取り組みのひとつとしてISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得が取引条件の一つとして求められることが多くなってきています。
同時に消費者団体、地方自治体及び政府が環境に配慮した製品・サービスを優先的に購入する「グリーン購入」を推進しています。
これらの状況により、あらゆる企業が積極的に環境問題に取り組む必要があります。

環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得支援

GSXコンサルティングの特色

※1 QMS:品質マネジメントシステム
※2 ISMS:情報セキュリティマネジメントシステム
※3 ITSMS:ITサービスマネジメントシステム

ステップ

効果・メリット

ISO14001(JIS14001)に基づく環境マネジメントシステム(EMS)の構築には下記のメリットがあります。

■顧客、取引先からの信頼度の向上
■社会的な企業イメージアップ
■「グリーン購買」対応による営業チャンスの拡大
■省資源・省エネによるコスト低減
■製品・サービスの改善

Q&A

環境マネジメントシステムの構築に必要な期間はどのくらいですか。

認証取得範囲の状況にもよりますが、6ヶ月から12ヶ月を目標に構築します。

省エネ活動を実施していますが、他にどのような対応が必要なのですか。

省エネや有害物質の排出だけでなく、企業活動において、直接・間接的に環境に影響を及ぼす側面を考えますので、配送業者の選択、提案する企画の内容など幅広く関わってきます。

他のマネジメントシステム(QMS,ISMS,ITSMS等)との関連はありますか。

ISO140001規格の最新版では、ISO9001(QMS)との両立性が高められています。

Pagetop