top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

統合リスク管理(ERM)構築支援

統合リスク管理(ERM)構築支援 必要性

経済のグローバル化により経営環境の不確実性、つまりリスクが増しています。それに対し、日米の主要企業はSOX法対応により、決算財務に関わる正確性のリスクは低減されましたが、その他のリスクまで包括的に管理している企業は少ない状況です。その結果、国際的にERMが注目されつつあります。
経営環境のリスクが増すほど、リスクに無頓着では適切な対応が出来ず、事業に失敗する危険性も高くなります。しかし、逆にリスクに過敏では、適切なリターン(事業目標達成等)が得られずにジリ貧になります。
そこで、リスクが適切な大きさか否かを判断するために、リターンの明確化をセットとしたマネジメント手法が、あらゆる組織において有効であると考え、統合リスク管理(ERM)構築支援のサービスを提供することとなりました。
本サービスにより、下記に示す一般的なリスク管理上の課題が解決します。

一般的なリスク管理上の課題
J-SOXやBCMS、QMS、ISMS、Pマーク等々、組織により様々取り組んでいるが、全体を見ると、対象リスクの重なりや漏れが多い。
ERMにより、漏れのないリスク管理が可能。
重なりについても、ERMの視点による調整が効果的。

統合リスク管理(ERM)構築支援 各リスクに対応した取組み範囲

GSXコンサルティングの特色

本サービスでは、リターンに見合うリスクを取るために、各社独自の経営戦略とリスク管理上の計画を表裏一体のものとして取扱い可能な、マネジメントシステムの整備を支援します。
例えば、バランススコアカードを使い経営戦略を策定している場合、各戦略の目標達成を阻害するリスクを洗い出し、リスク管理についてのKPIを各現場にて明確化すること等が可能です。
このサービス提供は、弊社が情報セキュリティ(リスク)のマネジメントシステム(ISMS)構築支援で長年培った、「日本企業にマネジメントシステムを導入する際に多く発生する問題」を解決するノウハウと、親会社である(株)ビジネスブレイン太田昭和(BBS)の経営コンサルティングノウハウを融合し、提供可能となりました。
例えば、日本企業の組織文化と欧州発想の「マネジメントシステム」の齟齬による形骸化を、経営に役立つ形で解決することが可能です。一般的には、「マネジメントシステム=一部の担当者によるPDCA活動」という誤解を正すことから着手します。

下記は、リスク管理における、一般的なプロセスの概念図です。

統合リスク管理(ERM)構築支援  リスク管理プロセス

ステップ

効果・メリット

統合リスク管理(ERM)構築支援を利用していただくことにより、下記のメリットがあります。

貴社の状況にあった、実践的なリスク管理が可能となります。

支援・実施実績

■大手金融業
■大手エネルギーグループのシステム子会社

Q&A

どの程度の期間がかかりますか。

組織の規模にもよりますが、一般的な大企業であれば、6~12ヶ月です。

ERMに関して詳しい人材が社内にいませんが、問題ないですか。

必要に応じて、弊社が基礎知識のレクチャーからフォローまでします。

関係者の負担は、どの程度ですか。

事務局2~3名が作業を分担する想定で、業務時間の2~3割程度となります。

Pagetop