top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

事業継続管理(BCM)診断

事業継続管理(BCM)診断の必要性

近年、自然災害や新たな感染症の流行等、企業のビジネスに重大な影響を及ぼす不測事態の発生に備え、事業継続計画(BCP※1)や事業継続管理(BCM※2)を整備する企業が増えています。

その一方で、 「一応自力で事業継続計画(BCP)を策定したが、必要十分なものになっているか分からない」 、「取引先から事業継続管理(BCM)の整備を要求されたが、どこから手をつけていいか分からない」といった声を企業の危機管理部門のご担当者からお聴きするケースも増えてきました。

過去の経験と限られた知識だけで、やみくもにBCPやBCMを整備しても、利害関係者の要求に答えられるものになるとは限りません。まずは、貴社の事業継続管理のための取組みの現状がどの程度のレベルにあるかを確認し、今後何を優先的に実施するべきかを明らかにすることが大切です。

※1 BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)
事業の業務の中断・阻害に対応し、事業を復旧し、再開し、あらかじめ定められたレベルに回復するように組織を導く文書化された手順。(ISO22301:2012より)
※2 組織への潜在的な脅威、及びそれが顕在化した場合に引き起こされる可能性がある事業活動への影響を特定し、主要なステークホルダの利益、組織の評判、ブランド、及び価値創造の活動を保護する効果的な対応のための能力を備え、組織のレジリエンスを構築するための枠組みを提供する包括的なマネジメントプロセス。(ISO22301:2012より)

監査サービス 必要性

貴社の事業継続管理に関する取組みを診断するため、弊社はISO22301に基づく事業継続管理(BCM)診断サービスを提供しています。

本サービスでは、まずISO22301に準拠した事業継続管理(BCM)診断チェックリストを使用し、専門コンサルタントが事業継続の主管部門に対して2時間程度のヒアリングを行い、お客様の事業継続管理に係る取組みの実施状況を確認します。その後、報告書及び口頭により、現状ヒアリングの分析結果の説明と改善の助言を行います。

ヒアリング内容

事業継続管理(BCM)診断 ヒアリング内容

※1 BCMS(Business Continuity Management System=事業継続マネジメントシステム)
マネジメントシステム全体の中で、事業継続の確立、導入、運用、監視、レビュー、維持、改善を担う部分。(ISO22301:2012より)
※2 BIA(Business Impact Analysis=事業影響度分析)
活動及び事業の中断・阻害の与えうる影響を分析するプロセス。(ISO22301:2012より)

GSXコンサルティングの特色

報告書レーダーチャートイメージ

事業継続管理(BCM)診断 報告書レーダーチャート例

ステップ

効果・メリット

■国際標準と比較して、自社の事業継続管理に何が足りないのかが明確になります。
■自然災害や新たな感染症等に、どの程度対応可能かが明確になります。
■今後、事業継続管理を整備する上で何から取り組むべきかが明確になります。

Q&A

診断を実施するにあたって、事前準備は必要ですか。

はい。効果的な診断を実施するために、現状の事業継続に係る取組みを記載した規程・マニュアル・計画・体制図等を準備いただくことをお勧めしています。

診断結果を上司・経営陣に報告してもらうことは可能ですか。

はい。報告会を設定していただければ、コンサルタントが報告書の内容を直接説明させていただくことも可能です。

診断の基準としてISO22301以外のガイドラインを使うこともできますか。

はい。経産省「事業継続計画策定ガイドライン」、「ITサービス継続ガイドライン」、内閣府「事業継続ガイドライン 第一版」等を基準として採用することも可能です。

Pagetop