top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

ITSMS(ISO20000/ITILR)アセスメント

ITSMS(ISO20000/ITILR)アセスメント 必要性

組織の運営するITサービス(業務運営)は、その大半がITを軸としたサービスになってきており、その必要性・影響力は年々大きくなる一方です。言い換えると、ITを軸としたサービスの品質や信頼性が、顧客満足度および同業他社との差別化に繋がるということになります。
また、近年はITサービスの大規模障害時における社会的混乱(銀行ATMシステム障害、航空チケット発券システム障害、自動改札システム障害等)が大きくクローズアップされており、ITサービスを提供する組織において、今やITサービスを適切にマネジメントすることは至上命題、社会的責務になってきたと言えます。

ITサービスを効果的・効率的にマネジメントするための手法は、国際的なベストプラクティスとしてITIL®(ITインフラストラクチャ・ライブラリー)が確立しています。
国内においても、主にITサービス運営組織に対して、ITIL®準拠のサービス運営が積極的に推進されています。
また、2007年5月より「ITSMS適合性評価制度」が正式にスタートし、ITサービスを生業とする組織が次々と認証取得を表明しております。【2009年7月時点で88組織】

この制度化を受け、中央官庁や地方自治体をはじめとし、民間企業においても情報システム、ITサービス調達時における入札要件及びビジネス契約条件として「ITIL®準拠(ISO20000認証)」を明文化し、要求される機会が増えてまいりました。
さらに、内部統制対応における「IT統制(ガバナンス)」を実務レベルで具現化するための管理手法(ツール)として、ITIL®の有効性が認められ、取り組んでいる組織が着実に増えてきています。

 なお、ITサービスマネジメントのベストプラクティスであるITIL®は膨大な事例集であり、その全てに準拠(導入)するのはコスト面・労力面の観点から現実的ではありません。
また、やみくもにITサービスマネジメント(ISO20000/ITIL®)を導入してしまうと、現場の業務運営に悪影響を及ぼす恐れもあります。
そのために、ITサービス運営部門の現状を調査・分析し、問題点・過不足を明らかにした上で、必要な部分に対してITサービスマネジメント(ISO20000/ITIL®)の仕組みを導入するのが効果的です。

GSXコンサルティングの特色

ITSMSアセスメント GSXコンサルティングの特色

ステップ

効果・メリット

ISO/IEC20000(JIS Q 20000)およびITIL®(Version2/Version3)に基づくITSMSアセスメントには以下のメリットがあります。

■現状のITサービス運営業務の問題点・過不足の可視化(視える化)
■効果的な改善アプローチへの判断基準・情報の提供
■ITサービス運営レベルのベンチマークの提供(業界水準からみた自社レベル・ポジションの確認)
■ITサービスマネジメントシステム(ISO20000/ITIL®)のスムーズで効果的な導入
■現状のITサービスマネジメントの最適化(品質、信頼性、有用性の向上)
■長期的視野からのITサービスにかかるコスト削減
■ITサービスマネジメントに係わる利害関係者への現状説明、業務連携時の判断・説明材料の提供

ITSMSアセスメント レポーティング例

支援・実施実績

■大手データセンターのISO/IEC20000認証取得支援におけるITIL®準拠性調査(ITSMSアセスメント)
■大手システムインテグレーターのISO/IEC20000認証取得支援におけるITIL®準拠性調査(同上)
■大手通信事業者におけるISO/IEC20000認証取得支援におけるITIL®準拠性調査(同上)
■金融系システム開発会社におけるITIL準拠性調査(同上)

Q&A

キックオフから報告会までの所要期間の目安はどれくらいですか。

既存文書やプロセスの整備状況、規模にもよりますが、調査開始から1ヶ月程度で報告会まで実施可能です。(その後のフォローアップ支援は、改善事項の数・難易度により変わりますが、フォローアップ期間は報告会終了後、1ヶ月が目安です)

ITSMSアセスメントの評価基準は、ISO20000(JIS Q 20000)とITIL®のどちらですか。

貴社のニーズに応じて、ISO20000(JIS Q 20000)とITIL®(Version2/Version3)のいずれも対応可能です。将来的に認証取得を視野に入れられてる場合はISO20000がお勧めです。
特定の管理プロセス(例:インシデント管理)を徹底的に調査・分析し、最適化されたい場合は、ITIL®がお勧めです。

調査結果はどのような形式で受け取れますか。

報告書は原則WORDで作成しますが、PowerPointも可能です。
報告書の構成は、調査目的、調査概要、総評、検出事項一覧、傾向分析図(レーダーチャート)、改善提案一覧となります。

ISO/IEC20000とITIL®との関連性・相違点は?

ITIL®(IT Infrastructure Library)は、ITサービス管理のベストプラクティスとして非常に豊富な内容で重量感があり、参考書の位置づけです。一方、ISO/IEC20000はITIL®をベースにマネジメントシステムの規格として作られており、認証基準の位置づけです(認証取得は任意対応)。
内容がコンパクトにまとめられていることから、比較的導入しやすい仕組みであるといえます。

Pagetop