top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

セキュア開発支援(基本設計検査、ソースコード検査)

セキュア開発支援(基本設計検査、ソースコード検査) 背景

情報システムのセキュリティレベルを維持/向上させる方法として、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の実施が効果的であり、GSXにおいても「タイガーチームサービス」として1997年より同サービスを提供してきました。これは、主として運用中、又は運用開始直前といった、システム開発ライフサイクルの保守工程にあるシステムに対して擬似的な攻撃を行い、システムに内在する「脆弱性」を洗い出すことを目的としています。これによって検出された脆弱性に対策を実施することで、保守工程におけるシステムのセキュリティレベルを維持/向上させることが可能です。
しかし、情報システムのセキュリティレベルを適切に管理するためには、保守工程のみにポイントを絞った対策だけでなく、保守工程以外の工程においても適切な対策を実施する事が重要です。
GSXではシステム開発の各工程に沿ったセキュリティ対策を支援するため、システム開発全体を見据えたセキュリティ対策サービスを提案しています。

セキュア開発支援(基本設計検査、ソースコード検査)開発フェーズ対応検査

GSXコンサルティングの特色

ステップ

基本設計検査

ソースコード検査

効果・メリット

セキュア開発支援(基本設計検査、ソースコード検査)を利用していただくことにより、下記のメリットがあります。

■システム開発の早い段階(設計工程または製造工程)からセキュリティ対策を導入可能
■設計工程/製造工程以降における手戻り作業(脆弱性対策)を最小限にすることが可能(コスト削減)
■システム仕様を考慮し、システム固有の脆弱性を抽出可能

支援・実施実績

国内大手銀行 数社電力会社、大手製造業、大手金融機関、官公庁、自治体 など

Q&A

基本設計検査を依頼する場合、見積もり単位はどのようになっていますか。

基本設計書のページ数が単位となります。

ソースコード検査を依頼する場合、見積もり単位はどのようになっていますか。

ソースコードのステップ数(コメント行を省いた行数)が単位となります。

Pagetop