top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

IPv6検査

IPv6検査の必要性

IPアドレス(正確にはIPv4アドレス)が枯渇したことによって、ISPからのIPv4アドレスの新規割り当てが困難な状況となっています。これによりIPv6アドレスが徐々に使われはじめていますが、IPv6アドレスの利用者が増加するとともにIPv6アドレスを割り当てた機器が攻撃される確率も高まります。

このため、IPv6機器が攻撃されて被害を被らないためにも、セキュリティ診断を実施しセキュリティレベルの現状を把握するとともに、脆弱な箇所に対して対策を施す必要があります。しかし、現状ではIPv6に対応したセキュリティ診断用のツールが少なく、IPv6に対応したツールのみでは十分なセキュリティ診断が受けられないといった実情があります。

GSXではこの問題を解決するためにIPv4/IPv6トランスレータを開発しました。これを用いることにより、IPv6アドレスを割り当てた機器に対してIPv4に対する診断と同等レベルのセキュリティ診断サービスを提供します。

IPv6検査の概要

IPv4アドレスに対する診断と同等レベルの診断を実現するために、IPv4アドレスとIPv6アドレスを変換する機能と、IPv6アドレスのパケットと転送する機能を持つ、独自仕様のIPv4/IPv6トランスレータ(※)を開発しました。

このIPv4/IPv6トランスレータを診断対象と診断端末の間に設置することにより、IPv4用ツールとIPv6用ツールを同時にIPv6アドレスの診断対象に対して利用することが可能となります。これにより従来のIPv4アドレスに対する診断と同等の品質でIPv6アドレスに対する診断を実現しています。また、IPv6アドレスの転送機能により、IPv6専用のツールを利用した診断も可能です。
なお、診断はお客様のIPv6ネットワークに接続して実施する「オンサイト診断」のみの提供となります。

(※)一般的なIPv4/IPv6トランスレータとは異なり、セキュリティ診断専用の仕様となっています。

検査概要図

IPv6検査 検査概要図

各種ツールのIPv6対応状況

IPv6検査 各種ツールIPv6対応状況

GSXコンサルティングの特色

ステップ

効果・メリット

IPv6検査を利用していただくことにより、下記のメリットがあります。

情報システムに内在する脆弱性を洗い出し、検出された脆弱性に対策を施すことでセキュリティレベルが向上します。

Q&A

インターネットを経由した診断は可能ですか。

現在、インターネットを経由した診断は準備中です。詳細は、弊社営業までご相談ください。

Pagetop