top
こちらは当社サービスへのお問い合わせボタンになります。

「CND 日本上陸 期間限定キャンペーン」へのお問い合わせについては、本ボタン押下後【お問い合わせ対象をお選びください。】項目箇所にて「セキュリティエンジニア養成講座(CND)キャンペーン」をお選び下さい。
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

CND 日本上陸 期間限定キャンペーン

CND 日本上陸 期間限定キャンペーン

  • 新着情報(2018/2/15):
    米International Data Group(IDG)が展開するCIO向けメディアのIT certificationsにCND(Certified Network Defender:認定ネットワークディフェンダー)が選出されました。

    「13 emerging IT certifications for 2018」詳細はこちらから

エンジニアに日々求められるセキュリティあれこれに関するお悩み

セキュリティって何をどこから、どこまで勉強すればいいの?しっかり勉強したい、トレーニングしたい! と思っている方に朗報です!!

またこのような深刻な問題が日々取り沙汰されており、御社内でもセキュリティに関するスキル習得が喫緊の課題となっているのではないでしょうか。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

EC-Council Certified Network Defender (CND) のご紹介

CND EC-Council Certified Network Defender|実践型、世界標準セキュリティトレーニング

CND The skills to protect the network during cyber attacks.

  • 実効性のある防御設計と運用
  • セキュリティソリューションの設定・運用
  • 適正なポリシー設計とは
  • 実際の現場を想定した実践式トレーニング
  • 迅速なインシデントレスポンス
  • 分析と対応
  • 深刻度レベル判断から封じ込め活動
  • CSIRTに強力な実効力をつける
  • リスクマネジメント
  • BCP対応
  • リスク/脆弱性の管理
  • 設計⇒運用⇒監視⇒対応⇒復旧を一気通貫で設計するには
 

  • 新着情報(2018/2/15):
    米International Data Group(IDG)が展開するCIO向けメディアのIT certificationsにCND(Certified Network Defender:認定ネットワークディフェンダー)が選出されました。

    「13 emerging IT certifications for 2018」詳細はこちらから

そんなお悩み解決のためのCNDキャンペーンとは

『より多くの方に、セキュリティのスキルを身に着けて頂きたい』との願いから、下記の内容でキャンペーンを実施いたします。

キャンペーン詳細

2018年6月末までのCND受講をお申し込みの方に限り、特別価格で講座をご案内いたします。
CND講座は、3日間講座でのご提供となります。受講日程は土曜日の選択も含めてかなり柔軟にご選択いただける内容になっております(連続3日間での受講ではございません)。
詳しくは「CNDキャンペーン講座スケジュールについて」をご参照ください。

キャンペーン価格(税込)

キャンペーン価格 270,000円

キャンペーン条件

  • CND講座受講料には、3日間の集中講義およびテキスト、演習環境iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験バウチャ(1回受験分、お申込み完了から1年間有効)を含みます。認定資格試験は受講期間とは別に設定されています。
  • お申込み完了から3ヶ月以内にCND集中講義(ABC日程から3日間お選びください)を受講して下さい。
  • 講座お申込締切日については、ご希望の受講初日(A日程)の前週月曜日までとさせていただきます。
  • 受講料金のお支払期日については、受講初日(A日程)の15日前までに当社指定の口座へお振込みをお願い致します。
  • 定員あり、先着順150名限定【国内のATCパートナーからのご提供を含む】。本ページからのお申込み、もしくは弊社営業経由のお申込み先着順とします。
  • 新着情報:
    アイティメディアの@ITに当社記事が掲載されました。

    “セキュリティの分かる人材”を社内に:
    ますます深刻化する情報セキュリティ人材不足――2020年に向け、企業はどのように“自己防衛”を進めていけばよいのか

CNDコースウェアのご紹介

CNDのコース詳細についてSlideShareの資料をご覧ください!

  • 新着情報:
    アイティメディア Editors Eye 掲載記事はこちらから

    ―認定ネットワークディフェンダー(CND)を取得し、 セキュリティの分かる人材を社内に配置しよう―

CNDキャンペーン講座スケジュールについて

以下のカレンダーより3日間(A+B+C)をお選びいただき、GSX本社にて講座を受講いただきます。

※スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※上記画像をクリックすることで拡大画像が表示されます。

ABC日程の選択について

A/B/C各日程の講座内容について

※休憩開始および講座終了時間は、講座の進行状況により前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

本キャンペーンを希望される方は、
以下のWebフォームよりお申込みください

本キャンペーンに申し込む

3日間選択の操作が分からない場合はお電話でも承ります!

本キャンペーンはATCパートナー*
経由でのお申込みも可能でございます。

* ATCパートナーとは、EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座を自社のファシリティ及び講師でご提供できる認定パートナーです
* ATCパートナー一覧はこちらから

50音順

  • ATCパートナー【株式会社ネットワールド】で本キャンペーンに申し込む
  • ATCパートナー【合同会社ビーエルケー・スミス】で本キャンペーンに申し込む
  • ATCパートナー【株式会社IPイノベーションズ】で本キャンペーンに申し込む
  • ATCパートナー【Top Out Human Capital 株式会社】で本キャンペーンに申し込む

CND受講に関するFAQ

受講に際して、前提知識は必要ですか?

TCP/IPやプロトコルに関する基礎知識が必要となります。また演習にてLinux OSを使用したコマンドラインによる操作を行うことから、Linuxに関する知識があることが望ましいです。

試験は難しいですか?試験の合格率を教えてください。

CND試験は日本語化されており、試験内容も全てテキストに記載されている内容から出題されますので、しっかりと復習することで合格ラインに到達できます。
CND試験の合格率については、CNDは昨年の10月にリリースされたコースであるため、まだまだ試験の受験者数が少ない状況です。現時点では合格率を公表できかねますので、ご了承ください。

試験が不合格だった場合の再試験について教えてください。

残念ながら不合格だった場合には、再試験をお申込みいただくことが可能です。再試験には別途費用がかかりますので、詳細は事務局までお問合せください。
また2回目の試験(1回目の再試験)については、特に制限等がございません。3回目以降の試験(2回目以上の再試験)については、待機期間が必要となります。詳細は事務局までお問合せください。

資格は維持し続ける必要があるのでしょうか?

特に必要ございません。資格維持要件は特にございません。ただし、あくまで取得いただいたバージョンのみを維持できる形になります。
(例.CEHv9を取得された場合、新バージョンとしてCEHv10がリリースされてもCEHv9取得のままとなります)

資格の更新について教えてください。

新バージョンへの更新については、日本総代理店経由(弊社)では、新バージョンにて改めて3日間のトレーニングコース受講および試験に合格いただく必要があります(※割引価格にて、コースをご案内させていただく予定でおります)。ただし、EC-Council社に直接お申し込いただいての更新プログラムは別途準備がございます(こちらは誠に勝手ながら現時点で日本総代理店のサポート対象外となります)。

新バージョンのリリース周期/時期について教えてください。

新バージョンはおおよそ2年間の更新スパンにてリリースされております。

今まで5日間でコース開催していたと思いますが、3日間でのコース開催との違いを教えてください。

5日間コースでは、講義時間内にiLabsと呼ばれる仮想環境での演習の時間を確保しています。講義の流れとしては、「モジュール1の座学の後に、モジュール1の演習を行い、次にモジュール2に進むという形」*になります。
*物理セキュリティ等、モジュールの内容によっては、演習が用意されていないものもございます
3日間コースでは、基本的に座学中心の講座内容となり、演習は講義以外の時間で(ご自宅など)自習していただくことが前提となります。
講座初日にiLabsの利用方法についてお教えしますが、iLabsでの演習は、インターネットに繋がっているPCからブラウザ経由で接続するため、会社やご自宅からでも自習が可能となります。iLabsは6か月間利用できますので、5日間コースと3日間コースの違いは講義時間内における「iLabsによる演習の有無」となります。

本キャンペーンに申し込む

Pagetop