top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

導入事例

Company

導入サービス

■標的型攻撃対策専用アプライアンス『FireEye』
■『FireEye製品アラート解析サービス』

対談者プロフィール

プロローグ

アミューズIT企画部専任次長 清水様に標的型攻撃対策専用アプライアンス『FireEye』の採用に至った背景をGSXの青柳が伺いました。

昨年発生したある事象について

次世代ファイアーウォールか専用アプライアンスか

FireEyeの選定

運用の不安を払拭したGSXのアラート解析サービス

導入効果

システム概要図

Company Profile

会社名
株式会社アミューズ

本社所在地
東京都渋谷区桜丘町20番1号
設立
1978年(昭和53年)10月16日
資本金
1,587,825,000円
従業員数
200人(アミューズグループ 255人) ※パートおよび嘱託職員は含んでいません
事業内容
アーティストマネージメント業、コンテンツ制作事業
イベント運営、版権事業、広告代理店業など

導入サービス概要

FireEyeはゼロデイ攻撃や標的型攻撃からシステムを保護する、次世代の脅威対策ソリューションです。ファイアーウォールやIPS、アンチウイルスなどのシグネチャーベースの従来型セキュリティでは防げない最新の攻撃手法にも対応し、情報資産を守るアプライアンス型ソリューションです。

FireEye製品専用のインシデント運用支援サービスです。お客様に代わって、GSXのセキュリティエキスパートが発生したアラートの内容を解析・評価し、迅速且つ最適なインシデント対応をサポート致します。
本サービスでは、通常運用時からGSXにアラートをメールにて共有、またFireEyeに接続できる環境を設定頂きます。お客様が解析が必要と判断されるアラートについて、ご依頼を頂く都度或いは月次で解析を実施し結果をご報告させて頂きます。

株式会社 アミューズ 様 FireEye導入事例紹介リーフレット

Pagetop